日本語フォーラム

Reply
Highlighted
Aruba Employee

[API] Alexa と Aruba Central を使ったネットワークの音声管理

日頃の行いが悪いのか、やっとAmazon Echoの招待メールが届き、Echo Dotを入手できました。

早速、流行りのスマートスピーカーを使ったデモを作成したのでご紹介します。

Google Homeでもいいのですが、カスタムスキルの呼び出しが簡易だったり、ScriptもAmazon Lambdaで簡単に作成や実行ができたり、開発のための情報量がAlexaの方が圧倒的に多いので、Alexaの方がお勧めです。

 

この記事を読まれている方のほとんどはネットワークSEだと思うので皆さんには不要かもしれませんが、

ネットワークに全く馴染みが無い人の方が世の中には圧倒的に多く、その方々からすると、Central や Mxrxki GUIですら馴染みが無く使うことができません。

ネットワークSEの方でも、毎日のオペレーションでCLIやGUIを触るのが面倒な事もあるでしょう。

そこでスマートスピーカーを使えば、いつでも簡単に声だけでネットワークの状態を確認する事ができます。

alexa-central-1.png

 

Alexa Skill にはいくつかの方式があるのですが、今回は Flash Briefing と Custom Interaction Model の2つを作成しました。

 

1. Flash Briefing

Flash Briefing のSkillは、定まったJSON形式のファイルをニュースとして読み上げてくれるSkillです。

以下のように、定期的にLambda上のScriptがCentralから特定の情報を収集し、Amazon S3へJSON形式でアップデートしておきます。

Alexa Skillを呼び出すと、このJSONファイルをそのまま読み上げてくれます。

発話は「Alexa、今日のニュースは」とするだけなので、Intentの設定も不要で手軽にAlexa Skillを作る事ができます。

alexa-central-2.png

 

デモ動画はこんな感じです。

ちなみにこの渋い声は私ではありません(笑)

 

Source Code も以下から入手可能なので参考にしてみて下さい。

https://github.com/kshimonoj/aruba_central_news_alexa

 

2. Custom Interaction Model 

Flash Briefing はサクッと作れて便利ですが、やはりスマートスピーカーなので、質問をして答えて欲しくなっちゃいます。

もちろんそういった事も可能です。

インタラクティブな会話を実現するためには、会話を理解するためのIntentの設定なども必要になりますが、APIを使うスクリプトの部分は大きくは変わりません。

alexa-central-3.png

 

実際のデモ動画はこちらです。

 

この他にも、音声だけで災害用SSIDの有効・無効化など、可能性はたくさんあると思いますので、皆さんも是非、APIを使った便利なツールを作って、業務の効率化や改善にチャレンジしてみて下さい。

 

 

 

Search Airheads
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: