日本語フォーラム

Reply
Aruba Employee

[API] Chatbotで日々の運用の働き方改革!

最近Chatbotのビジネス活用というのが流行っているのでちょっとそれにのっかってみました。

 

ここでも何度かご紹介しているように、ArubaのソリューションはAPIに対応しているので、外部のソフトウェアとの連携が簡単です。

今回はSlackでChatbotを自作し、そのChatbotから以下を実行できるようにしてみました。

 

・Aruba Central のAPIを通してネットワークの状態を確認

・Aruba Central のAPIを通して、災害時用Wi-Fiを有効・無効化

・ClearPass GuestのAPIを通して、ゲストアカウントを発行

 

実際の動きはこんな感じです。

 

 

ClearPass Guestのデモで発行されたアカウントはこんな感じでメールが届きます。chatbot_guest_account.png

情シスの方なら、もちろんGUIで確認できるとは思いますが、このようなChatbotを1つ用意しておけば、

日々のちょっとした確認にはとても便利だと思います。

稼働状況の確認もスマホで2、3クリックするだけなので、通勤中の駅のエスカレータに乗ってる間でもお釣りがでるぐらいです。

 

APの稼働状況のためだけに準備するのはナンセンスかもしれませんが、今はかなりのICTの製品がAPIに対応しているので、

一度自社のソリューションの中でAPI対応になっている製品を確認して、どういったChatbotやアプリがあれば、日々の業務を楽にできるか考えてみるのも面白いと思います。

 

リモアクやWi-Fi, UC以外にも働き方改革できる要素はたくさんあると思うので探してみましょう!

 

Search Airheads
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: