日本語フォーラム

Reply
Aruba Employee

[API] POSTMANでスクリプトも簡単に作成

AOS8のAPIは、コントローラのapiのページから簡単に試すこともできますが、POSTMANを使う方がオススメです。

POSTMANはPost Putty (日本だとPost Teratermですね)とも言われており、API使いはかなりの人が使っています。

POSTMANのいいところは、実際のAPIコマンドに近い形でAPIを使えるところと、そのAPIを様々なスクリプトに自動変換してくれるところです。

なので、POSTMANで動作を確認し、それをそのままPythonなどのスクリプトにすることができます。

 

AOS8でPOSTMANを使うときの注意点は、まずloginコマンドを送ってCookie (UIDARUBA)を取得し、次のコマンドからは、このUIDARUBAを使う必要があります。

 

POSTMANの画面

API_Login.png

レスポンスはこんな感じ

{
    "_global_result": {
        "status": "0",
        "status_str": "You've logged in successfully.",
        "UIDARUBA": "b4fef28a-4b5c-4a6d-9822-6108966eeca6"
    }
}

 

次からは、ParameterにUDIARUBAを記載してAPIコマンドを送信します。

 

SSID Profileを取得するAPIの例

GET_SSID_Profile.png

 

最後に、右下の"Code"をクリックすると、PythonやJavascriptなど色々なスクリプトに変換してくれます。

POSTMAN_Script.png

Pythonでスクリプトを書くときは、以下の様にUIDARUBAを取得するスクリプトを関数などで定義して使いましょう。

### GET UIDARUBA ###
    s = requests.session()
    url = "https://"+controller_ip+":4343/v1/api/login"
    body = {
        'username' : username,
        'password' : password
    }
    r = s.request("POST", url, data=body, verify=False)
    UIDARUBA=r.json()['_global_result']['UIDARUBA']

### GET SSID Profile ###
    url = "https://"+controller_ip+":4343/v1/configuration/object/ssid_prof"
    params = {
        'config_path' : '/md',
        'UIDARUBA' : UIDARUBA
    }

 

 

Search Airheads
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: