日本語フォーラム

 View Only
last person joined: 8 days ago 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[SD-Branch] Dynamic Path Steering (DPS) の設定

This thread has been viewed 1 times
  • 1.  [SD-Branch] Dynamic Path Steering (DPS) の設定

    EMPLOYEE
    Posted May 18, 2020 03:31 AM

    SD-WANの機能の中でも特に重要なDynamic Path Steering の設定を紹介します。

    この機能は、2つ以上のUplinkがある場合に、定められた通信品質未満になると、自動的にプライマリからセカンダリへUplinkを変更する機能になります。

    通信品質は、遅延、ジッター、パケロス、使用率の4つをSLAとして設定します。

     

    WAN > ダイナミックパスステアリングで設定していきます。

    まずは名前を任意で設定し、対象のトラフィックを設定します。

    今回は全てのトラフィックを対象にしていますが、特定のサーバ宛の通信や、特定のアプリケーショントラフィックだけに対象を絞ることも可能です。

    Screen Shot 2020-05-18 at 13.34.06.png

    Nextでウィザードを進めると、SLAを設定できます。事前設定されたものを選択するか、カスタムで設定することができます。

    Screen Shot 2020-05-18 at 13.34.40.png

    次に、Uplinkを設定します。プライマリ、セカンダリ、ターシャリのパスを設定できます。

    Screen Shot 2020-05-28 at 8.50.00.png

    以上で設定は完了です。

     

    モニタリングは、デバイスレベルの概要 > パスの調整で確認することができます。

    Screen Shot 2020-05-18 at 16.29.20.png