日本語フォーラム

last person joined: 6 days ago 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[Central] ライブイベント でリアルタイムトレブルシューティング

This thread has been viewed 5 times
  • 1.  [Central] ライブイベント でリアルタイムトレブルシューティング

    Posted Sep 26, 2021 08:31 PM
    Arubaの強みはやはり「困った時になんとかなる」かなと思います。
    特にWi-Fiは導入から運用に入った時にトラブルゼロになる場合と、環境や端末の課題でトラブルが起きてしまうケースとに分かれます。

    トラブルが起きてしまった場合に、トラブルシューティングを的確に実施できることはArubaの強みの1つです。
    Centralになっても、そこは変わらず実現しています。

    AIOpsなどで、ある程度トラブルを事前に検知したり、原因解析までしてくれるツールも増えてきましたが、
    それでもわからないケースはどうしても残ってしまいます。
    今回紹介するライブイベントは、Centralのダッシュボードから、端末のネットワークアクセスの振る舞いをリアルタイムで確認することができます。
    さらに、トラブルシューティング時だけパケットキャプチャを有効化することで、Central経由でキャプチャを取得して確認することもできます。

    ライブイベント は、APレベルとクライアントレベルで取得できます。
    APレベルは主に無線のログ(電波調整機能など)、クライアントレベルでは、クライアント端末の接続状況を確認できます。

    クライアントの詳細ページで「ライブイベント」を選択すると、そのクライアントの接続ログをリアルタイムで確認できます。
    パケットキャプチャを有効にするためには、一度トラブルシューティングを停止してから有効化して下さい。

    上記ログを見てみると、802.11のAuthentication, Associationから、WPA2のKey Exchange、DHCPによるIPアドレスアサインまでのログを全て確認できています。
    どこかでスタックしていれば、リアルタイムにその情報をCentralで確認できます。

    キャプチャだけ取得できたり、AIOpsである程度解析できたりというソリューションは出てきていますが、(もちろんAruba Centralもサポートしています)
    クラウド管理でここまでリアルタイムにログを確認できるソリューションはまだ少ないと思います。

    クライアント接続でトラブルが起きた時は、Centralのライブイベントも是非活用してみて下さい。

    #Central #Blog​​​

    ------------------------------
    Keita Shimono,
    Aruba Japan SE Manager & Airheads Leader
    ------------------------------