日本語フォーラム

last person joined: 6 days ago 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[Wireless] 機種が異なるAPをIAPクラスタへ組み込む際の注意点

This thread has been viewed 16 times
  • 1.  [Wireless] 機種が異なるAPをIAPクラスタへ組み込む際の注意点

    Posted Sep 28, 2021 06:56 AM
    最近、お客様からこんな質問を頂くことが増えました。


    <お客様>
    現在、AP315シリーズを導入しており、IAPクラスタ構成で運用しています。
    無線LANエリアの拡大に伴うAPの増設を計画しており、
    AP515シリーズをAP315のIAPクラスタに入れて稼働させたいのですが出来ますか?

    APを増設するなら、新しい型番のAPを導入したいと思う方も多いかと思います。
    柔軟な構成が組めるのもArubaならではのメリットですね。


    回答としては、


    <Aruba回答>
    IAPは、機種が異なるAPでも同一のクラスタで構成が可能です。
    もちろん、AP315とAP515を同じIAPクラスタで構成することも可能です。
    AP315とAP515は同一バージョンで構成する必要があります。
    但し、以下の点にご注意ください!


    ■注意点1
    APには機種毎にソフトウェアのサポートバージョンがあります
    例えば、AP315をv8.2.0.0のバージョンでIAPクラスタを運用されている環境に
    AP515を追加したい場合、そのままではAP515を追加することが出来ません。
    理由は、AP毎にソフトウェアのサポートバージョンが存在するためです。
    *******
    ソフトウェアのサポートバージョンは、
    Aruba製品カタログの「Arubaアクセスポイント製品一覧」もしくは、
    各製品のデータシートに掲載されています。
    カタログについては、本日現在の最新版は、2021年 Vol.1.5です。
    このカタログの39ページ〜41ページあたりにサポートバージョンが記載されています。
    *******
    カタログを見ると分かりますが、
    AP515のサポートバージョンは、v8.4.0.0以上となります。
    AP315のIAPクラスタにAP515を追加する場合は、
    まずAP315をv8.4.0.0以上のバージョンへ変更し、
    その後にAP515をクラスタに組み込む必要があります。


    ■注意点2
    IAPがインターネットに接続出来ない環境の場合、
    かつ新規で組み込むAPが既存のIAPクラスタと異なる機種の場合、
    手動でバージョンを合わせる必要があります。
    上記の例だと、インターネットへ接続出来ない場合は、
    事前にAP515をAP315のバージョンへ合わせてからIAPクラスタへ組み込む必要があります。


    なお、IAPがインターネットへ接続が可能な場合は、
    自動的に既存IAPクラスタと同じバージョンのファームウェアをダウンロードします。
    上記の例だと、AP515のファームウェアを自動的にインターネット上よりダウンロードされ、
    バージョン変更が行われます。


    異なる機種をIAPクラスタ内で構成される場合は、
    これらの点にご注意頂けますようお願い致します。


    また、IAPのみならず、コントローラOSも同様にAPの機種毎にサポートバージョンが存在します。
    こちらも合わせてご注意ください。

    ------------------------------------------------
    SATOSHI SUZUKI
    Aruba Japan Presales Consultant
    ------------------------------------------------

    ​​​#Blog
    #Wireless​​​