日本語フォーラム

Reply
Highlighted
Contributor I

Client Matchと高速ローミングの関係について

掲題の件で質問があります。

 

以下のClient Matchの資料に以下の記載があります。

https://www.nvc.co.jp/pdf/product/aruba/TB_ClientMatch_J.pdf

「ClientMatchは、モニターと制御の機能に802.11kや802.11vを含
む業界標準を利用している」

 

一方で、Centralでは、高速ローミングの802.11k,v,rはデフォルトで無効になっています。

 

上記を踏まえたうえで、以下について情報があれば教えて下さい。

 

・ClientMatchを有効にすると、高速ローミングの設定とは関係なく、802.11kや802.11vも動作するのでしょうか。

 

・ClientMatchと高速ローミング(802.11k, 802.11v, 802.11r)を同時に有効にすることは、設定上問題ないでしょうか。どちらか一方しか有効にならないなどの制限はないでしょうか。


Accepted Solutions
Highlighted

Re: Client Matchと高速ローミングの関係について

11k, 11vを有効にしていると、11k/11v の情報をClientMatchの機能の中で利用することが可能となります。(もちろん、端末側がサポートしている場合に限ります)

 

11rはClientMatchとは関係ないため、それぞれ独立して動作します。

 

従いまして、全ての機能を同時に有効にしてご利用頂くことは可能です。

 

 

View solution in original post


All Replies
Highlighted

Re: Client Matchと高速ローミングの関係について

11k, 11vを有効にしていると、11k/11v の情報をClientMatchの機能の中で利用することが可能となります。(もちろん、端末側がサポートしている場合に限ります)

 

11rはClientMatchとは関係ないため、それぞれ独立して動作します。

 

従いまして、全ての機能を同時に有効にしてご利用頂くことは可能です。

 

 

View solution in original post

Highlighted
Contributor I

Re: Client Matchと高速ローミングの関係について

ご回答ありがとうございました。

助かりました。

Search Airheads
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: