日本語フォーラム

 View Only
last person joined: 14 days ago 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[COTD] show ap debug client-table で端末のWi-Fi接続状況の詳細を確認

This thread has been viewed 3 times
  • 1.  [COTD] show ap debug client-table で端末のWi-Fi接続状況の詳細を確認

    EMPLOYEE
    Posted Mar 06, 2022 07:00 PM
    Command Of The Day !  (過去の記事はこちら

    今回は、"
    show ap debug client-table"" で、APに接続している端末の接続状況を確認してみましょう。

    このコマンドでは、APに接続している端末のリアルタイムに近い無線レイヤの情報を確認することができます。
    コマンドの表示例は以下の通りです。

    #show ap debug client-table
    
    Client Table
    ------------
    MAC                ESSID          BSSID              Assoc_State  HT_State    AID  PS_State  UAPSD            TWT    Tx_Pkts  Rx_Pkts  PS_Qlen  Tx_Retries  Tx_Rate  Rx_Rate  Last_ACK_SNR  Last_Rx_SNR  TX_Chains  Tx_Timestamp              Rx_Timestamp              MFP Status (C,R)  Idle time  Client health (C/R)  Tx_Bytes   Rx_Bytes
    ---                -----          -----              -----------  --------    ---  --------  -----            ---    -------  -------  -------  ----------  -------  -------  ------------  -----------  ---------  ------------              ------------              ----------------  ---------  -------------------  --------   --------
    28:de:65:xx:xx:xx  home           cc:d0:83:xx:xx:xx  Associated   cAWvSsEeBb  0x1  Awake     (0,0,0,0,N/A,0)  (0,0)  4139     3048     0        15          1200     1200     70            68           2[0x3]     Fri Mar  4 16:52:31 2022  Fri Mar  4 16:54:49 2022  (0,0)             0          100/2                5779302    1598986
    bc:5c:4c:xx:xx:xx  home           cc:d0:83:xx:xx:xx  Associated   cWvSsEbM    0x3  Awake     (0,0,0,0,N/A,0)  (0,0)  425093   174905   0        3294        325      433      47            41           1[0x1]     Fri Mar  4 16:54:48 2022  Fri Mar  4 16:54:48 2022  (0,0)             0          100/2                459537192  39606608
    48:a6:b8:xx:xx:xx  iot            cc:d0:83:xx:xx:xx  Associated   AG          0x2  Awake     (0,0,0,0,N/A,0)  (0,0)  7928     304780   0        15          130      130      65            66           2[0x3]     Fri Mar  4 16:52:58 2022  Fri Mar  4 16:54:48 2022  (0,0)             0          100/2                1589739    20988573
    48:a6:b8:xx:xx:xx  iot            cc:d0:83:xx:xx:xx  Associated   AG          0x1  Awake     (0,0,0,0,N/A,0)  (0,0)  95891    366149   0        5           130      130      61            59           2[0x3]     Fri Mar  4 16:54:35 2022  Fri Mar  4 16:54:47 2022  (0,0)             1          100/2                84893121   26917587
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
    Num of associated clients: 4
    UAPSD:(VO,VI,BK,BE,Max SP,Q Len)
    TWT:(iTWT sessions num, bTWT groups num)
    HT  Flags: A - LDPC Coding; B - TX STBC; D - Delayed BA; G - Greenfield
               I - HT40 Intolerant; M - Max A-MSDU; N - A-MPDU disabled
               Q - Static SM PS; R - Dynamic SM PS; S - Short GI 40; W - 40 MHz
               b - RX STBC; s - Short GI 20; t - turbo-rates (256-QAM)
    VHT Flags: C - 160MHz/80+80MHz; E - Beamformee;  V - Short GI 160
               c - 80MHz; e - Beamformer; v - Short GI 80
    HT_State shows client's original capabilities (not operational capabilities)
    MFP Status: C - 1 if the station is MFP capable; R - 1 if the station has negotiated MFP
    ​

    端末毎に取得できている情報が多くとても横長になってしまうので、切り取って図で解説します。

    HT/VHTのサポート機能
    フラグを見てもらうとわかるとおり、HTやVHTのオプション機能のどれをサポートしているのかを知ることができます。
    端末がビームフォーミングへの対応やショートガードインターバルなどに対応しているのか、容易に確認することができます。
    端末の仕様書で確認できると嬉しいんですが、ほとんどのケースでここまで細かな仕様を端末の仕様書で公開されていることはありません。
    それを無線キャプチャを取って確認するのは現実的ではありませんが、
    Aruba APに接続すれば、そのほとんどをコマンドだけで確認することができます。

    送受信レート
    Tx_Rate/Rx_Rate はフレームを送受信した時のレートです。フレームの送受信毎にこの値は更新されます。
    この値が十分高ければ、無線品質には問題ないと考えることができると思います。
    6 Mbpsや24 Mbpsのように極端に低い値の時は、制御フレームの可能性が高いので、何度か取得してみるといいと思います。

    再送回数
    Tx_Retries はAPがフレームを再送した回数です。この値が高いと、なんらかの理由で無線フレームのドロップが多発している可能性があります。

    Last ACK SNR/Last Rx SNR
    これもそのままの通り、最後に端末から受信したフレームのSNRです。この値も十分に高い場合は無線環境には問題が無いと考えていいでしょう。

    Tx_Chains
    これもその名の通りですが、端末がサポートしているTx Radio Chainの数を表しています。これが1だと、いわゆる1 Spacial Stream(1SS)の対応になり、2SSと比べると単純に半分のスループット(実際はそれ以下)になってしまいます。

    何も無い時にこのコマンドを見ることはないでしょうが、
    トラブルシューティング時に、無線の品質が悪いのかどうか、どのような無線の機能、状況で端末がAPに接続しフレームを送受信しているのか、簡単に確認することができるのでとても便利です。
    是非活用してみてください!

    ------------------------------
    Keita Shimono,
    Aruba Japan SE Manager & Airheads Leader
    ------------------------------