日本語フォーラム

 View Only
last person joined: 9 days ago 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[COTD] Wi-Fi ユーザの情報を確認 show clients / show ap association

This thread has been viewed 7 times
  • 1.  [COTD] Wi-Fi ユーザの情報を確認 show clients / show ap association

    EMPLOYEE
    Posted Nov 15, 2021 08:51 PM
    Command Of The Day!
    COTDでは、AOSの便利なコマンドを紹介していきます。

    今日は、Wi-Fi ユーザの情報を確認する時に使う、show clients とshow ap associationです。
    ※IAPではshow clients、Mobility Controllerではshow user になります。

    まず、show clientsはAPに接続している端末のテーブル情報(user table)を確認するコマンドです。
    このテーブルには、端末がWi-Fiに接続し、IPパケットが送信されたタイミングでエントリが追加されます。
    つまり、端末がIPアドレスを取得する前(取得に失敗した場合)は、エントリに追加されません。
    端末が正しく接続されているか、まずはこのコマンドを確認してみましょう。

    # show clients
    
    Client List
    -----------
    Name   IP Address     MAC Address        OS     ESSID       Access Point       Channel  Type  Role        IPv6 Address             Signal    Speed (mbps)
    ----   ----------     -----------        --     -----       ------------       -------  ----  ----        ------------             ------    ------------
    aruba  192.168.19.40  0e:69:2a:40:44:20  Apple  wpa2-dot1x  b8:3a:5a:xx:xx:xx  100E     a-HE  wpa2-dot1x  fe80::4c1:eef2:5d4:xxxx  68(good)  1200(good)
    Number of Clients   :1
    Info timestamp      :900
    ​


    Role : 正しいRoleが適用されているか、認証前のRoleになっていないか確認しましょう。
    Type : a-HE なので、5GHz、Wi-Fi6で接続していることがわかります
    Speed : 1200 Mbps、これはPhy Rateで、十分Wi-Fi環境が良い状態で接続していることがわかります。

    show clients と同じくらいよく確認するのが、show associationです。プロセスとしてはshow clientsと前後しますが、
    こちらのエントリはAssocした時点で作成されるので、IPアドレス取得前です。

    # show ap association
    
    The phy column shows client's operational capabilities for current association
    
    Flags: H: Hotspot(802.11u) client, K: 802.11K client, M: Mu beam formee, R: 802.11R client, W: WMM client, w: 802.11w client, V: 802.11v BSS trans capable, P: Punctured preamble, U: HE UL Mu-mimo, O: OWE client, S: SAE client, E: Enterprise client, m: Agile Multiband client, C: Cellular Data Capable - network available, c: Cellular Data Capable - network unavailable, T: Individual TWT client, t: Broadcast TWT client
    
    PHY Details: HT   : High throughput;      20: 20MHz;  40: 40MHz; t: turbo-rates (256-QAM)
                 VHT  : Very High throughput; 80: 80MHz; 160: 160MHz; 80p80: 80MHz + 80MHz
                 HE   : High Efficiency;       80: 80MHz; 160: 160MHz; 80p80: 80MHz + 80MHz
                 <n>ss: <n> spatial streams
    
    Association Table
    -----------------
    Name               bssid              mac                auth  assoc  aid  l-int  essid       vlan-id  phy             assoc. time  num assoc  Flags  DataReady       UAC
    ----               -----              ---                ----  -----  ---  -----  -----       -------  ---             -----------  ---------  -----  ---------       ---
    b8:3a:5a:c1:1e:62  b8:3a:5a:91:e6:30  0e:69:2a:xx:xx:xx  y     y      1    20     wpa2-dot1x  1        5GHz-HE-80-2ss  42s          1          WVT    Yes (Implicit)  0.0.0.0
    Num Clients:1
    


    こちらでは、phyとFlagsを確認しましょう。

    phy:どのようなWi-Fiの性能で接続しているかがわかります。5GHz-HE-80-2ssの場合は、5GHz、Wi-Fi6、80MHz帯域幅、2SSで接続していることがわかります。
    スループットが遅いと報告があったとき、そもそも20MHzや1SSで接続していれば、期待値が出ないのは当然の可能性もあります。
    Flags:こちらもかなり細かいですが、MU-MIMOのBeamformingに対応しているか、802.11rやWMM、UL-MU-MIMOなど、様々な機能に端末が対応しているかを確認することができます。

    Wi-Fiは単純に11ac, 11ax (Wi-Fi6) などの大きな枠組みの規格に対応しているかどうかだけでなく、
    個々の細かな規格の対応有無で全体のスループットに影響がでたり、ローミングに影響がでることがあります。
    残念ながら、単純な端末の仕様表ではその全てが公開されていないこともあります。
    全てはWi-Fiフレームにしっかり記載されているのですが、毎回無線フレームをキャプチャして確認するのはとても手間です。

    Arubaはそのような情報もしっかり取得できるようになっていて、それをCentralのAIOpsなど、調査、安定性の機能へもしっかり反映しています。
    困った時は、コマンドも少し活用してみてください。

    #Wireless #Blog

    ​​​

    ------------------------------
    Keita Shimono,
    Aruba Japan SE Manager & Airheads Leader
    ------------------------------