日本語フォーラム

 View Only
last person joined: 14 days ago 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[Switch] Cisco SwitchとPVST接続時の注意点

This thread has been viewed 12 times
  • 1.  [Switch] Cisco SwitchとPVST接続時の注意点

    EMPLOYEE
    Posted Jul 11, 2019 02:01 AM

    最近立て続けに同じ問い合わせを受けたので、
    Aruba Switchのnative-vlan-ieee-bpduコマンドについてご紹介します。

     

    spanning-tree port <port#> native-vlan-ieee-bpdu

    Cisco Switch:access port = Aruba Switch:untag port
    Cisco Switch:traunk port = Aruba Switch:tagged port
    という前提でお読み下さい。

    Cisco SwitchとAruba Switchをaccess port (untag port)で接続し、PVSTを有効にすると、
    Cisco Switchでは以下の様なログが出力され、ポートがBlockingされてしまう様です。

    00:44:28: %SPANTREE-7-RECV_1Q_NON_TRUNK: Received 802.1Q BPDU on non trunk GigabitEthernet1/48 VLAN99.
    00:44:28: %SPANTREE-7-BLOCK_PORT_TYPE: Blocking GigabitEthernet1/48 on VLAN099.

    このログから、Aruba SwitchがUntag portにも関わらず、Tag付きでBPDUを送出してるかの様に見えるのですが、そのようなことはありません。
    以下のキャプチャデータからわかるように、Originating VLAN情報としてVLAN IDが含まれているだけです。

    Screen Shot 2019-07-11 at 14.59.53.pngただ、このままでは相互接続できないので、native-vlan-ieee-bpduを設定します。この設定をすると、該当ポートのみ PVST BPDU (DST MAC=01:00:0c:cc:cc:cd) ではなく、IEEE BPDU (DST MAC=01:80:c2:00:00:00) を送信し、
    Cisco Switch側でブロックされるようなことはありません。