日本語フォーラム

 View Only
last person joined: 16 hours ago 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[SD-Branch] Overlay Tunnel Orchestration の設定

This thread has been viewed 6 times
  • 1.  [SD-Branch] Overlay Tunnel Orchestration の設定

    EMPLOYEE
    Posted May 16, 2020 07:03 AM

    CentralにはTunnel Orchestrationの機能が備わっているので、Gateway同士のトンネル接続の設定はとても簡単です。

    ※ここからは全てAdvanced Modeで設定することにします。また、特別な指定がない限り、グループレベルで設定します。

     

    1. Tunnel Orchestrationを有効化(VPNC/BGW両方で)
    2. BGWで接続先のVPNCを選択する
    3. 必要に応じてルート再配布(Route Redistribute)

    1. Tunnel Orchestrationを有効化(VPNC/BGW両方で)

    VPNのSD-WAN オーバーレイで、Orchestrationを有効化します。

    VPNCとBGW両方で同じ様に設定します。

    Screen Shot 2020-05-16 at 19.46.36.png

    2. BGWで接続先のVPNCを選択する

    BGWでは、Tunnelの接続先のVPNCのグループと、グループの中でどのVPNCに優先的に接続するかを指定します。

    以下の例ではVPNCが1台しかないので1つしか指定していませんが、実際の環境ではVPNC1、VPNC2と、2つ以上VPNCを指定することになると思います。

    Screen Shot 2020-05-16 at 19.48.53.png

    単純にVPN Tunnelを接続するだけであれば、これだけで設定は完了になります。

     

    3. 必要に応じてルート再配布(Route Redistribute)

    環境に合わせて必要なルート再配布の設定を行います。

    また、ここでのルート再配布はTunnelを通じたオーバーレイネットワーク上の再配布です。

    以下の例では、BGWのConnected Route (ローカルVLAN 20)を再配布しています。

    もちろん、Static RouteやOSPFのRouteを再配布することも可能です。

    Screen Shot 2020-05-16 at 19.55.34.png

    以上で、Overlay Tunnel Orchestration の簡易な設定は完了です。

    デバイスレベルの概要で、トンネルの状態やルーティングテーブルを確認することができます。

     

    BGWのトンネルのステータス

    Screen Shot 2020-05-16 at 19.58.24.png

    VPNCのルートテーブル

    BGWからオーバーレイルートを受け取っていることがわかります。

    Screen Shot 2020-05-16 at 20.01.39.png