日本語フォーラム

 View Only
last person joined: yesterday 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[AIOTD] カバレッジエリア外端末の影響を低減

This thread has been viewed 3 times
  • 1.  [AIOTD] カバレッジエリア外端末の影響を低減

    EMPLOYEE
    Posted Nov 14, 2021 07:00 PM
    AIOps Of The Day !  (過去の記事はこちら

    Central が2.5.4 にアップグレードされ、AIOps の機能も少しずつ強化されてきています。
    今回紹介するAIOpsは、AI Insight の "Outdoor Clients Impacting Wi-Fi Performance" です。

    用語の定義:
    Outdoor Clients(屋外端末):低いSNRで接続している端末、つまりAPから離れた場所から接続している端末
    Indoor Clients(屋内端末):高いSNRで接続している端末、つまりAPの近くから接続している端末

    Outdoor Clientsの送信レート、受信レートはもちろん低くなり、通信フレームのAirTime使用率が高くなます。
    その結果、Wi-Fi全体のパフォーマンスが下がってしまいます。

    AI Insight では、このOutdoor Clientsが低いSNRで接続している時間と、Indoor Clientsが高いSNRで接続している時間を可視化し、
    Outdoor Clients の影響を低減してWi-Fi パフォーマンスを向上させるための設定値を教えてくれます。
    さらに、設定変更による効果(=Outdoor Clientsの接続時間の削減率)まで教えてくれます。

    Aruba Central のAIOps で快適なWi-Fiを実現しましょう。

    #Central #AIOps #Blog
     
    ​​​

    ------------------------------
    Keita Shimono,
    Aruba Japan SE Manager & Airheads Leader
    ------------------------------