日本語フォーラム

 View Only
last person joined: 3 days ago 

Arubaのソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[Switch] Aruba CXスイッチだけでパケットキャプチャ

This thread has been viewed 13 times
  • 1.  [Switch] Aruba CXスイッチだけでパケットキャプチャ

    EMPLOYEE
    Posted Dec 07, 2021 11:52 PM
    過去のスイッチ関連投稿はこちら

    トラブルシュートや検証時にポートミラーリングとPCのWiresharkを使ってパケットキャプチャをすることがあるかと思いますが、
    Aruba CXスイッチでは、32MBまでとなりますがTsharkというパケットキャプチャをスイッチだけでできる機能があります。

    利用には特に別途なにかライセンスなどが必要でもないので手軽に使える機能なのですが、
    私自身あまり気にしていなかった機能だったので、自分での整理も含め使い方を説明したいと思います。

    1. ミラーリングセッションを作成し、キャプチャしたいインターフェースをSource Interfaceとして指定します。
    また、ミラーリングの宛先をCPUにして、ミラーリングセッションを有効化します。
    6300# configure
    6300(config)# mirror session 1
    6300(config-mirror-1)# source interface 1/1/24 both
    6300(config-mirror-1)# destination cpu
    6300(config-mirror-1)# enable
    6300(config-mirror-1)# exit
    6300(config)# exit​


    2. diagnosticsを実行してDiagユーティリティであるTsharkへのアクセスをできるようにします。

    6300# diagnostics


    3. Tsharkでのキャプチャを開始します。終わるときはCtrl + Cを実行します。

    6300# diag utilities tshark file
    Inspecting traffic mirrored to the CPU until Ctrl-C is entered.
    ^CEnding traffic inspection.


    4. ファイルをtftpでPCに転送します。 

    6300# copy tshark-pcap tftp://192.168.1.100/6300.pcap vrf default
      % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                     Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
    100  7524    0     0  100  7524      0  67783 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 67783
    100  7524    0     0  100  7524      0  67783 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 67783
    Copied successfully.​

    キャプチャファイルは32MBまでは追記で記録されますので、削除したい場合はdelete-fileオプションで対応できます。

    6300# diag utilities tshark delete-file
    Capture file has been deleted.​