日本語フォーラム

 View Only
last person joined: 21 hours ago 

HPE Aruba Networking のソリューション、ネットワークマーケットに関する日本語ディスカッションフォーラム

[WLAN] SmartPoEとHitless Failoverの違いについて

This thread has been viewed 31 times
  • 1.  [WLAN] SmartPoEとHitless Failoverの違いについて

    Posted 19 days ago

    2022年にWiFi6E、2023年12月にWiFi7が認可され、今後ますますWiFiの通信が高速化されていきますが、
    無線アクセスポイントのUplinkポートにかかるトラフィック量は増大していくため、
    1Giga以上の帯域を持つポート(2.5Gbpsや5GbpsなどのSmartRateやMultiGigabitポート)を搭載することや
    Uplinkポートを冗長化して構成することが重要になってきています。

     

    そこで、今回はWiFi6E対応の無線アクセスポイントであるAP655とAP635をIAPで利用する際において、
    Uplinkをデュアルポートで接続した時の構成について解説していきたいと思います。

    以下、PoEスイッチにはAruba CX6300Mを利用しています。


    WiFi6E対応の無線アクセスポイントであるAP6xxシリーズは、以下の通りLANポートを搭載しております。


    AP655とAP635は、5Gbps、2.5Gbpsのポートをそれぞれ2ポートずつ搭載しており、
    LANポートを冗長構成とすることが可能です。

     

    ◾︎SmartPoE・・・両方のイーサネット・ポートにPoE電力が供給されている場合、APは2つのポートの電力を組み合わせることが可能

     

    ◾︎Hitless Failover・・・両方のイーサネット・ポートにPoE電力が供給されている場合、APは主に片方ポートから電力を受電しAPを稼働
                                   AP635はAP655 のようにPoE電力を組み合わせられる「SmartPoE」には対応していない

    AP655はSmartPoE、AP635はHitless failoverに対応し、それぞれ異なる仕組みでLANポートの冗長が動作します。
    イメージとしては、APの電力の観点でSmartPoEはActive-Activeで動作し、HitlessFailoverはActive-Standbyで動作します。

    また、すべての顧客が802.3bt対応のスイッチを社内に持っているとは限らないことを考慮し、
    SmartPoEでは両方のイーサネットポートからの電力を組み合わせることができます。
    そのため、基本的に2つの802.3at PoEを使用して1つの802.3bt電源を作ることができますし、
    2つのイーサネットリンクを備えたこれらのAPは、冗長性も確保が出来ます。


    次に、AP655とAP635それぞれの主な接続構成とIPM Disable時の注意点は以下の通りです。
    IPMがDisable設定となる場合は、APのEtherポートが片方無効になったり、USBポートが無効となったりしますので、注意が必要です。
    ※IPMとは・・・実際の電力消費をAPが継続的に監視、レポートし、自律的判断によって予め定義された順番で機能を無効化し、
             電力不足になってもAPを稼働させ続けることが出来ます。

    【スイッチでの確認方法】

    スイッチのPoEステータスは、show power-over-ethernet briefコマンドで確認が可能です。
    AP655はSmartPoEが動作している為、Active-Activeで2つのポートの電力を集約し、
    AP635はHitless Failoverが動作している為、Active-Standbyのイメージで電力を供給していることが分かるかと思います。

    APのE0がダウンした時は、以下のようにそれぞれ電力供給がFailoverします。
    障害発生時の切り替わりは、どちらの方式もほとんど通信断なく行われ、APの再起動は発生しません。
    素晴らしいですね!!!

    【APでの確認方法】

    ・show ap debug system-status

    AP635の方は、PoE Modeの表示があり、Failoverと表示されており、Hitless Failoverで動作していることが分かります。


    その他、詳細については、以下のデータシートや弊社ホームページを参照頂けますようお願い致します。

    ◾️データシート
    AP655 : https://www.arubanetworks.com/assets/ds/DS_AP650Series.pdf
    AP635 : https://www.arubanetworks.com/assets/ds/DS_AP630Series.pdf

    ◾️ホームページ

    AP655 : https://www.arubanetworks.com/ja/products/wireless/access-points/indoor-access-points/650-series/
    AP635 : https://www.arubanetworks.com/ja/products/wireless/access-points/indoor-access-points/630-series/


    コントローラの場合は、電力のモードをもう少し細かくチューニング出来たりもしますので、
    興味がございましたら、是非、合わせて確認してみてください。

    ------------------------------------------------
    Satoshi
    Aruba Japan プリセールスコンサルタント
    ------------------------------------------------